小さなキッチンで作る
日々のお菓子と天然酵母パン
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
気分は夏





有機パイナップルを使ったパウンドケーキ。

ココナッツクリームとココナッツオイルを使って
外は寒いが、夏気分。

使用したパイナップル缶は
有機だし、シロップなし。
パイナップルジュースに漬け込んであるので
ジュースも飲めてしまうという
お得感満載。


相変わらずの感覚で作ったケーキだけど
踊りたくなってしまうぐらい
すご〜く美味しくできた(ワタシ的に)。

夏のお菓子のレッスンメニューに加えようか検討中です。







 
きな粉黒豆まる






今、新しいパンを考えてます。
季節のパン。ではなく、通年で食べられる食材を使ったパン。

こちらのパンは、きな粉と黒豆のまるパン。
焼いているとき、きな粉の香ばしい香りが部屋中に広がり
食べても、ふわっと香り、むっちりな黒豆との相性は抜群です。

パンは同じ材料、同じ分量でも
カタチが変わるだけで食感も全然変わってしまうので
もう少し試作が必要。

でも、このパンはやっぱり「まる」かなぁ。。。





kaon



 
酵母ブラウニー





ワタシのお菓子作りはいつも
「感覚」と「経験」。と「冒険」

計量はきっちりやります(笑)


そんなだから、これだけ沢山作っていても
とんでもないものが出来上がったり
予想以上に美味しいものができたり
それがとても楽しいし
それが全て自分の「経験」となり、次に生かせてる。と思ってマス。


そんな今日のブラウニーは
予想以上に美味しくできましたよ。





kaon









 
シナモンロール






自分が食べたいから
自分のためだけにパンを焼いた。

天然酵母だから
「食べたい!」って思っても、すぐにできないけど
それはもう百も承知。
日をまたいでも
待ってる時間は楽しい。









 
キャロットケーキ






人参。
特に好きなわけではありません。
ワタシの中では、彩り担当ぐらいの野菜なのですが
何故か、キャロットケーキに惹かれる。
カフェのメニューとかで、とても美味しそうに見える。
でも、頼まない(笑)

そんな不思議な位置づけの人参。


余っていたココナッツクリームを混ぜ込んだら
とっても美味しいキャロットケーキができました。
ピリリとスパイス効いてます。

甘くない豆乳クリームと一緒に召し上がれ。










 
酒粕酵母のお焼きパン





酒粕酵母でお焼きパン。

あこ酵母以外の酵母を起こすのは久しぶりで
オーブンではなく、フライパンでパンを焼くのも久しぶり。


熱々のうちに割って、非加熱のはちみつをとろ〜り乗せて
はふはふ食べる。


油脂を使ってなくても、焼き立てはふわっふわ!
幸せパン、ごちそうさまでした。







 
酵母マフィン





今まで、日々のブログは他で書いていたのですが
今後は、こちらにひとりごとのように綴って行こうかと...

ええ。
あっちこっち面倒になってしまった訳です。


さて。
ワタシが苦手とするお菓子のひとつ「マフィン」
今まで幾度となく試作しては打ちのめされてきました。
卵、乳製品なしでは、なかなか理想の食感に近づけなかったのです。
が、この度、グッと自分好みのマフィンに近づいたものができました。

ベーキングパウダーではなく、あこ酵母を使ったマフィン。
どっしりしているけど、さっくり。

いい流れが来てます。